サーフボードの種類

サーフィン未経験者にとっては、どれも同じように見えるサーフボードですが、実は長さによって種類が異なり、乗りやすさが変わってくるといいます。「ロングボード」と呼ばれるものは、274㎝(9フィート)以上の長さがあり、長い分浮力があり、すぐに波に乗れて安定感があるというメリットがあります。初心者ですぐに波に乗りたいという方には向いていますが、その反面、乗った後に動きをコントロールすることが難しいという特徴があります。また、身長よりもかなり長いボードであるため、持ち運びが大変になります。「ファンボード」は、200㎝~260㎝の長さのもので、ロングとショートの中間に位置するボードで、それぞれのよさを持ち合わせています。パドリングがしやすく安定した波乗りができるため、人気となっています。オールラウンドにサーフィンを楽しむにはピッタリですが、高度な動きができないため、上級者には不向きといえるでしょう。

「ショートボード」は、コンパクトで軽く、シャープなターンができるため、さまざまなテクニックを駆使してパフォーマンスを楽しむことができます。安定感には欠けてしまうため、サーフィンの基礎がしっかりと身に付いた中級者から上級者向けのボードとして認知されています。サーフィンを楽しむうえで、ボードとともに欠かせないアイテムがウェットスーツです。海水や気温によって体温が低下するのを防いでくれたり、外部からの刺激から体を保護したりしてくれます。