ウェットスーツの種類

サーフィンで着用するウェットスーツには、素材やスタイルによってさまざまな種類があります。スキン素材と呼ばれるものは、クロロプレン素材が表面にそのまま露出した状態のものです。肌にピッタリと密着して、水分をほとんど吸収しないことから、保温性が高いことが特徴です。しかし、外部からの刺激などに対して強度が弱いこと、黒一色でカラーやデザインが選べないことがデメリットとなります。スキン素材にニット地を貼り付けたものはジャージ素材と呼ばれています。強度の向上、色やデザインの選択の幅が広がることから、スキン素材よりも自由度の高いものを制作できます。反面、水分を吸収しやすく体から熱が逃げやすいので保温性や密着性に劣るという特徴もあります。

このほか、厚みのあるニット地をもちいた起毛素材、布地のうえにラジアルコーティングが施されたラジアル素材などもありますが、気温や水温、デザインなどをポイントに選択するのが望ましいでしょう。スタイルとしては、長袖、長ズボンで全身を覆うフルスーツ、半袖、長ズボンの上下一体型のシーガル、ノースリーブと長ズボンが一体となったタイプのロングジョン、半袖、半ズボンが一体となったスプリングなどがあります。気温や水温などによって最適なウェットスーツは変わってくるので、使い分けもおすすめですが、国内では一年中、フルスーツを着用するサーファーが多いようです。サーフボードやウェットスーツを手に入れたら、サーフショップやスクールが主催する体験スクールで、基本を身に付けるのもおすすめです。